• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年10月15日

歯の老化

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

歳を取っていくと背が低くなるように、歯の咬み合わせも低くなっていきます。

その理由は歯がすり減るからです。

歯がすり減ると食べ物が噛み切りにくくなるため、自然に力を入れて噛むようになります。

そうなると歯はどんどんと骨の中に埋まっていくようになり、ときには傾いたりして、噛み合わせが一段と低くなっていくのです。

こうしていわゆる「老け顔」になってしまいます。

「老化」による疲労は顔だけではなく、関節、歯周組織、お口の周りの筋肉にも影響してきます。

歯の根元が深くくびれてしまったり、金属の被せ物にしわができたり、歯を支える骨が局所的になくなったりするのは、「老化」による疲労のサインが歯に現れている状態です。

噛み合わせが低くなって、歯ぎしりやくいしばりがあると、特定の歯の特定の部分に力が集中してしまい、このようにお口の中の老化が進んでいきます。


歯の老化は金属疲労と同じように、十分な強度があっても繰り返しの負担で痛んでしまいます。

噛む面や根元のむし歯の初発には、繰り返しの負荷による歯のエナメル質の破壊が関係していたり、歯を支える骨がなくなる歯周病にも、過大な力が関わっていると考えられています。

老化によって増加する歯の喪失リスクをコントロールするためには、歯に加わる有害な力をできるだけ少なくすることが重要です。

さて、肉食動物には犬歯があって、アゴは関節を中心に開閉するため、アゴが横に動くことはほとんどありません。

反対に草食動物は左右にアゴを動かして草などを食べます。

ヒトはこの中間にあたり、特に農耕民族であった日本人は草食動物に似たアゴの動きをします。

奥歯をこすり合わせて食べるので、草食動物のように奥歯がすり減っていくのです。

これに歯ぎしりが加わると奥歯のすり減りが加速します。

歯がすり減ると、咀嚼の効率が落ちるのでさらに強い力で噛むことになり、悪循環に陥ります。

歯医者さんですり減ってしまった部分に少しレジンを足すだけで、噛み合わせが改善することもあるので噛み合わせが気になる方はお気軽にご相談ください。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約