• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年02月03日

バランスケア

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今回はからだのバランスケアのお話です。

歯の咬み合わせは全身のバランスのひとつです。

歯の咬み合わせが良くないと、全身の姿勢が歪んでしまいます。

顎の骨は、頭蓋骨から首、背骨、腰、足へとつながっているので、顎がずれていると頭が傾き、からだはバランスを取ろうとして、ゆがんだり傾いたりしてしまいます。

そして、同じように姿勢の歪みは噛み合わせを歪ませるという、結果が原因となる歪みの悪循環を引き起こしてします。

まずはからだを歪ませる悪い生活習慣を見つけて、それを改めることがバランスケアの第一歩です。

上下の歯は、物を噛んだり唾液を飲み込んだりする時以外は離れていて接触していないものなのですが、いつも上下の歯を接触させているクセのある人の場合は、その事実を知るだけでもかなり改善すると言われています。

頬杖や寝ながら本を読むクセも、その結果が大きな健康被害に結びつくことを理解したら、改善しようという気持ちも強くなります。

力のアンバランスを改善する方法は、単に矯正治療や噛み合わせの治療だけではありません。

自身の日常生活の姿勢、睡眠姿勢、唇や下の悪い癖あるいは噛み癖の改善から始めてみましょう。

さて、今まで歯医者では「むし歯ができたら削って詰める」や「歯周病で歯がなくなったら入れ歯やインプラント入れる」といったいわゆる修復治療が主でした。

しかしこれだけでは、どうしてこのような状態になったのかという最も大切な病因の診断が後回しになってしまうのです。

お口のバランスが歪んでいることに気がつかず治療をして詰め物や被せ物をしてしまうと、むし歯や歯周病が再発したり、新たなリスクを抱え込むことになることも考えられます。

お口の組織を破壊する力のコントロールができてはじめて、修復治療が生きてくるのです。

現代の子どもたちの食生活を見ると、食事の仕方も栄養もひどく偏っていると言われています。

そしてからだのバランスにも同じことが言えます。

身長も体重も立派になってきていますが、これに対して筋力が追いついていないため、姿勢が良いとは言えません。

子どもたちが健やかに成長すること、また高齢者がすこやかに年を重ねるためにはからだのバランスケアも大切になってきます。

お口の状態がからだ全体に大きな影響をもっているので、悪い習慣を見直してお口の歪みを取り去り、健康な毎日を過ごしたいものですね!


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約