• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年04月27日

子どもの食の問題

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「子どもの食の問題」についてのお話です。

最近では、むし歯や歯周病に関する予防について広くメディアでも取り上げられることもあり、みなさんの中でも意識が高まってきているのではないかと思います。

しかし一方で、お子さんの口腔機能の問題が目立つようにもなってきました。

未就学児をもつ保護者でも、お子さんの食事の心配ごとがある方も多いことがわかっています。

たとえば「お子さんが食べやすい食事の作り方がわからない」「忙しくて手をかけてあげられない」ことや、「食事を作るのが苦痛・面倒」「食事をゆっくり食べさせる時間がない」などが悩みとして挙げられているそうです。

 


保護者側の都合以外にも、好き嫌いやきわめて限られた食べ物しか食べられない偏食が問題となっています。


乳児の場合、初めて見る食べ物に対しては、まず恐怖心をもち、警戒する行動を「新奇性恐怖」と呼んでいます。

「新奇性となじみ」といって、新奇な食べ物を警戒して、なじみのある食べ物を好むという行動があるため、子どもは新しい物を食べるときの恐怖心から、「食わず嫌い」になることがあります。

 

保護者側からすると自分の作ったもの、用意したものを食べてくれないと心配になったりストレスになることもあると思いますが、少しずつ食べられるものを増やしていけるよう見守ってあげてください。

さて、上記のグラフでお子さんの食事に関して将来的に肥満の問題にも影響する「食べ過ぎ」や「早食い」についての心配は少なく、むしろ「食べるのに時間がかかる」ことについて気にされている保護者が多いことがわかりました。

これは保護者側の「時間がない」ことが原因となっているといえます。

忙しい現代人といわれていますが、過去10年ごとに行われている調査においても同じような悩みが繰り返されていることがわかっています。

この問題を完全に解決することは難しいですが、少しでも保護者の支援をしていくことが我々の役割でもあります。

子どもの発達のなかで、食べる事や話す事、呼吸することなどの問題が存在していましたが、保護者はこれに気づいていてもどこに相談すべきがわからないということがありました。

歯医者さんは「むし歯ができたら治療する」場所ではなく、一緒にお口のことや全身のことを生涯にわたって考えていくパートナーだと思って、気になることはお気軽にご相談くださいね。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約