• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年07月06日

お口の老化現象

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「お口の老化現象」についてのお話です。

 

加齢と老化は、時の流れとともに誰にでも起こる現象です。

加齢と老化現象は、生体に好ましいものではないことが多く、一度起こると不可逆的に進んでいきます。

加齢・老化現象は成熟期初期から始まり、中高年では全身諸臓器、組織における細胞増殖能は低下して、実質細胞は減少し、間質細胞が増加します。

もちろんお口の中にも老化現象は現れます。

たとえば加齢に伴って歯の根元のむし歯になったっり、歯を失ったりします。

40歳代までは付着上皮エナメル質に付着していますが、50歳代ではエナメル質・セメント境付近に、そしてそれ以降はセメント質に付着するように、歯ぐきが退縮していき、歯の根元が露出してくるようになります。

加齢に伴って歯周病のリスクが高くなり、唾液の減少などの条件が加わると、露出した根元へのむし歯も必然的に増えていきます。


歯周病になっても管理を怠っていれば、歯ぐきや歯根膜は破壊されて、ついには歯を支えている骨が吸収されてしまい、最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病の原因は細菌で、歯ぐきが赤く腫れたり、出血したり、悪化していくと膿が出たり歯がグラグラしていくようになります。

歯周病は、細菌が付着上皮の隙間を縫って侵入して、好中球の攻撃を受けながら深部へ浸潤していきます。

お口の中の管理がうまくいかず、歯周病やインプラント周囲炎を起こしてしまうと、数百種類というお口の中の細菌が体内に侵入するといわれています。

その細菌は、毛細血管内にも侵入して、菌血症を起こすこともあります。

歯周病の原因菌といわれているPg菌は、糖尿病、心筋梗塞、関節リウマチ、慢性腎臓疾患、アルツハイマー等に関係があることがわかっています。

 

また、加齢により唾液腺の機能が低下すると、唾液分泌量が少なくなるとともに、顎の筋肉の衰えによって噛む力が弱くなると唾液腺を刺激することができず、唾液が少なくなって口の中が乾燥した「ドライマウス」の状態となります。

唾液には食べ物のカスを洗い流したり細菌の繁殖を抑えたり、歯の表面に被膜を作ってむし歯を予防する働きがあるため、唾液の分泌量が少なくなると口臭やむし歯、歯周病にかかりやすくなってしまいます。

ひどい場合には発音しにくくなったり嚥下障害を起こすこともあるのです。

 

歳をとったら誰でも病気にかかるから・・・と諦めないでください。

歯科医院に定期的に通ってメインテナンスをしっかり受けることで防ぐことができる病気はたくさんあります。

いつまでも健康で長生きするためにも、少なくても半年に1度は歯医者に通うようにしましょう。


カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約