• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2023年01月23日

お口の健康と全身の健康


みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は「お口の健康と全身の健康」についてのお話です。

 

誤嚥性肺炎は食べ物を誤嚥するよりも、唾液の誤嚥によって引き起こさることが多いそうです。

そのため、衛生状態の悪い口腔環境では歯が多く残っている方が誤嚥性肺炎のリスクが高いといわれています。

自己清掃が難しい介護の現場では、歯があることが大きなリスクとされていて、歯が残っていない方が管理がしやすいと思われているようです。

咀嚼障害の原因が器質障害性である場合には、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで機能回復させることが重要ですが、運動障害性咀嚼障害を引き起こす時期となると、むしろ歯がないようが良いとされるようになっています。

肺炎で入院した患者さんのデータでは、50歳未満で肺炎を起こした患者さんでは誤嚥性肺炎の診断名がなく、すべて非特異的肺炎となっています。

しかし50歳代以降で誤嚥性肺炎の割合は年代に比例して増加していて、90歳代では9割以上が誤嚥性肺炎で入院されていることがわかっています。

さて、最近では歯に関して意識が高い人も増え、定期的に歯医者にメインテナンスに通っている人も増えていますが、歯医者さんに掃除をしてもらえば安心、と思ってセルフケアを怠っている人も中にはいらっしゃいます。

確かに定期的に歯医者に通っていれば、重篤な病態に陥る前に手を打つことはできますが、根本的な改善をするためにセルフケアは欠かせません。

たとえば歯周炎であれば、歯周病原細菌を把握して、その状態によって対応法を考えていったり、歯周炎が咬み合わせなどの力の影響であれば力を抑制する方法を考えていかなければいけません。

歯周病原細菌であるPg菌に血清抗体値が上昇していると、糖尿病や慢性腎臓疾患、心筋梗塞、関節リウマチ、アルツハイマーなどと関連してくると考えられています。

Pg菌が産生している酵素が、関節リウマチの発症に先立って検出される抗体に影響していることがわかっています。

歯周病原細菌が産生する酪酸が、大脳や小脳の細胞が酸化ストレスを受けるといわれていて、アルツハイマーなどとの関係も示唆されています。

カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約