• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2019年09月10日

ジルコニア

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれる白くて硬い素材です。

このジルコニアが歯科に導入されたのは日本では2005年のことです。

当初は透光性が不十分であったため、金属に代わる土台として用いられていました。

2011年に透光性が改良されたジルコニアが提供され、ジルコニア単体でも被せ物として活躍できるようになりました。

2014年にはさらにジルコニアの透光性が改善され、前歯でも天然歯に近いキレイな被せ物を作れるようになり、まだまだ進化を続け、2018年には歯のグラデーションを忠実に再現できるようなジルコニアが提供されています。

現在では様々な歯科メーカーからジルコニアが続々と販売されていて、日本国内で入手できるだけでも10種のタイプがあるそうです。

透光性の高いジルコニアは低温劣化が危惧されていますが、お口の中の温度での変化は極めて少なく、長期の使用で低温劣化が問題になることはないといわれています。

さて、そんなジルコニアですが、当院では院内でジルコニアの詰め物や被せ物を作ることができます

CERECと呼ばれる機械を導入し、コンピュータを使ってジルコニアブロックから詰め物や被せ物を削り出すことができるようになりました。CERECはお口の中を光学カメラでスキャンして、コンピュータの中で修復物を設計します。

設計されたデータをジルコニアなどのブロックを削り出す機械に転送して、データ通りに機械が判断して削っていきます。

簡単な詰め物であればわずか10分ほどで機械が削って作ってくれます。

通常ジルコニアなどの素材であれば技工所への外注となり、作製に2週間ほどかかっていましたが、CERECを使えば早ければその日のうちに修復物ができてしまうのです。

このメリットは、仮歯や仮の詰め物で過ごす期間が短くなるので、新たなむし歯を防いだり、せっかく出来上がった詰め物が合わなくなることを防いでくれます。

またすべての作業を機械が行うため人件費がかからないので、質の良いジルコニアを比較的安価にご提供できます。

詳しい内容はこちらをご覧くださいね↓↓↓
CERECのセラミック治療

 


カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約