• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年09月16日

キシリトールは虫歯を作らない!

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のマエダです。

 

むし歯の原因菌であるミュータンス菌が生息しているのは、プラークという歯の汚れです。

このプラークが歯の表面にあると、ミュータンス菌だけでなく他の悪い菌もつきやすくなり、歯を溶かしていきます。

しかしここで前回からお話しているキシリトール!

キシリトールを食べつづけていると、プラークの量が砂糖の半分以下に抑えられるという報告もあります。

 

 プラークの重さ

 

ミュータンス菌は、糖分から酸を作り出すことで歯を溶かしていき、これがむし歯になります。

キシリトールは、砂糖と違ってミュータンス菌が酸を作ることができません!

 

甘味料が作る酸の比較

 

つまりキシリトールはいくら食べてもむし歯にはならないのです。

 

前回お話しましたが、キシリトールは菌の質を変える特徴もあるので、ミュータンス菌がプラークと酸を作れなくなります。

これは様々な研究家がたくさんの人を対象として行った実験からも明らかになっています。

キシリトールってすごいですね^^


カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約