• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2020年11月04日

矯正歯科治療における抜歯について

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院スタッフのアオノです。

今日は矯正歯科治療における抜歯についてお話します。

 

矯正治療には抜歯が必要な場合があります。

抜歯に対して良いイメージを持っている方は少ないと思いますが、抜歯をせずに歯を無理やり並べると、歯の軸が悪くなってしまい、矯正治療後に後戻りの原因になってしまうこともあるのです。

そのため、患者さんにとってメリットがあるのはどちらなのかで抜歯・非抜歯を判断します。

 

①抜歯の痛み・腫れ

矯正治療で抜歯するときの多くは小臼歯になります。

小臼歯は歯茎を切ったり骨を削ったりすることの多い親知らずの抜歯とは違い、抜くのが簡単です。

そのため、痛みや腫れがあるとこはほとんどありません。

術後に出される化膿止めや痛み止めをきちんと飲んでおけば心配はないでしょう。

 

②抜歯後に隙間が埋まるのはどれくらい?

抜歯した後はどうしても隙間が空いてしまいますが、そのために見た目が悪くなる可能性があります。

期間としは抜くタイミングにもよりますが、半年から1年ほどで気にならなくなる事が多いです。

 

大切な歯を抜歯するのが嬉しい人はいません。

メリット・デメリットを考え、メリットが大きい場合に行うようになります。

自分が抜歯する症例かどうか、歯並びを見てよく確認してみることが重要です。


カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約