• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2022年07月08日

虫歯放置した時の影響


こんにちは伊藤歯科院歯科技工士の松井です。

今回は虫歯放置した時の影響などをまとめました。

まず虫歯が進行すると内部にある神経に少しづつ近づき神経に達して強い痛みを起こします。

炎症が悪化すると、痛み止めを飲んでも効かないほどの痛みになります。

また、この状態で治療を受ける場合、麻酔が効きにくくなることもあり、治療時に影響する場合があります。
 

自分で虫歯かどうか確認する方法としては

・冷たいものがしみる
・熱いものがしみる
・歯に穴があいている
・噛むと痛い
・黙っていても痛い
・つめている歯が痛い
・歯の色がにごっている
・黒く色がついている

 などがあります。

・虫歯を放置しすぎると
虫歯を長期間放置するとそこから顎などの骨に虫歯菌が広がってしまう可能性があります。

顎の骨に入り込んだ虫歯菌が全身を回ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性があります。

また血管に虫歯菌が入り込んで敗血症になる恐れも出てきます。

虫歯菌が首から下に回ってしまった場合最悪死亡につながることもあります。

 

このように虫歯を放置するだけで様々な危険性があります。

少し歯が痛むけど我慢できるから放置すると考える人も少なくないので歯が痛んだり違和感などがあれば歯医者に来院して一度見てもらうようにしましょう。

カテゴリー 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約