• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2022年07月15日

神経の治療について


こんにちは伊藤歯科医院受付のオチです。

 

神経の治療についてお話ししようと思います。

神経の治療が始まるとおよそ1週間に一度通っていただくようになるのですが、どのような処置が行われているのか見ていきます。

 

 

1.神経にまで虫歯が進んだ歯

 

痛みを感じ、虫歯が重度にまで進行して、歯の内部にある歯髄(神経・血管)にまで達した場合に処置を実施します。(中にはかなりの進行で神経が死んでしまい痛みを感じない場合もあります)

 

2.専用器具で根管を形成・清掃

 

針の表面がギザギザしたような、リーマーやファイルと呼ばれる専用器具を使用して、根管内部の虫歯菌に感染した神経や血管などの除去と根管の拡大を行います。根管内部は複雑な形をしているため、ファイルを少し曲げてみたり、長さが数種類ありますので歯の部位など、一人一人の歯に合わせて使用します。

 

3.根管を洗浄

 

感染物質やファイルなどで削った感染歯質が根管内部に残らないように、薬剤を使用して洗浄を行います。この作業を何度か行います。

 

 

4.根管を充填

 

洗浄によって細菌の除去を行った後、痛みなどが治まりましたら、根管内部の空洞を埋めていきます。しっかりとお薬が入っているか、治療後には部分的なレントゲンを撮影して確認します。

 

5.根管の密封・支台築造

 

根管の封鎖を確認後、最終的に装着する被せ物が安定するように歯を削った部分を埋めたり、歯の欠損が大きい場合には土台(コア)を造成します。

 

 

6.仕上げに被せ物を装着

 

土台の準備が整いましたら、被せ物の作製を行います。被せ物が完成後、装着して咬み合わせの調整を行い、治療終了です。

 

治療を始めてから被せ物をするまで早くても1ヶ月ほどは通院していただくようになります。

(個人差はあります)

 

神経にまで虫歯が到達しないことが1番ですので、定期的に検診に来て虫歯の早期発見をしていけたらと思います♪

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約