• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2022年08月05日

入れ歯の種類


こんにちは伊藤歯科医院歯科技工士の松井です。
今回は入れ歯の種類をまとめました。


入れ歯は様々な種類のものがあります。
入れ歯を必要とする方のご希望やお口の状態などを総合的に見極め、
自分に合った入れ歯を見つけましょう。

入れ歯の種類は
・精密義歯・BPSデンチャー
・ノンクラスプデンチャー
・シリコン義歯・コンフォートデンチャー
・金属床義歯
・保険義歯
 など医院よって取り扱うものは変わりますが様々な種類があります。


精密義歯・BPSデンチャー
従来の保険適用の入れ歯は、最低限の機能を回復させることを目的として製作されています。
審美性に限界があるのはある程度仕方ないですが、BPSデンチャーは、審美性に非常にこだわっており
一本一本歯や歯ぐきの色合い、形など、患者様の個性に合わせてご希望をお伺いしながら製作していきます。
また、お口にピッタリと吸着し、外れにくい、噛みやすい、話しやすい、そして疲れにくい。安定して噛めるので、
痛くなく、入れ歯安定剤などを使用しなくても、しっかりと機能するように設計されています。

ノンクラスプデンチャー
クラスプという金属のバネがないので、人から見える位置に入れ歯を装着しても目立ちにくく
保険適用の入れ歯と違い、柔軟性があるので装着感が向上します。
自費治療の入れ歯ですが他の種類の入れ歯より費用が比較的安価になっています。

シリコン義歯・コンフォートデンチャー
歯を失った場合、通常の入れ歯には、痛みやゆるみ、強く噛めないなどといったお悩みを持たれる方がいらっしゃいます。
コンフォートシリーズは、すべての歯茎にあたる部分にやわらかさが持続する独自のシリコーンを特殊加工し、
お口の中の粘膜のやわらかさに近いシリコーンです。通常の硬いプラスチックの入れ歯で、歯茎に局部的にかかりがちな負担をやさしく緩和します。

金属床義歯
金属床義歯とは粘膜の上ののせる土台部分である床が金属でできた入れ歯です。口を開けた時に見えやすい部分は、歯ぐきと似たピンク色の材料でできているので、
金属が光って目立つことはありません。金属は丈夫なため、プラスチック製の保険の入れ歯と比較して、薄く強く作ることができます。

保険義歯
保険が適用されるので、費用が低価格、完成までの工程が少ないので、通院期間が短くてすみます。
プラスチックなので修理しやすいですが自費の入れ歯に比べると耐久性が劣ります。

他にも様々な入れ歯があるので自分に合った入れ歯を見つけていきましょう。

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約