• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2022年11月04日

親知らずなどの抜歯


こんにちは伊藤歯科医院技工士の松井です。
今回は親知らずなどの抜歯についてまとめました。

まず、親知らずが正常に生えて機能している場合には放置していても問題ありません。
1.痛みや腫れがある
2.歯並びに悪影響が出ている
3.手前の歯を溶かしている
4.腫瘍や嚢胞の原因になっている
など悪影響を及ぼしてしまう場合に行います。

1.痛みや腫れがある
  親知らずは一番奥の歯です。 そのため歯磨きが難しく、虫歯や歯周病にになりやすいです。
  虫歯・歯周病が原因で、痛みや腫れが出てくることがあります。

2.歯並びに悪影響が出ている
  親知らずは横向きに生えてしまう場合などもあり手前のはを押して歯列悪影響を及ぼす場合があります。

3.手前の歯を溶かしている
  2.と同様に、横向きに生えた親知らずが手前の歯を押し、
  根っこが溶かされてしまうことがあります。

4.腫瘍や嚢胞の原因になっている
  親知らずが原因で含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)などの嚢胞や
  腫瘍ができる可能性があります。


親知らずの治療の流れ
・初診 親知らずの状態を確認する 問診、触診、レントゲン撮影を行い、親知らずの状態を詳しく検査し状態を把握します。
・抜歯 腫れや炎症がなくなった状態で抜歯を行います。
・抜歯後の消毒と確認 抜歯した翌日に抜歯した部位の消毒と治癒の確認をします。
・抜糸 抜歯後約1週間後に抜糸をし、治療終了です。

などがおおまかな親知らずの抜歯の必要性と流れとなっています。
歯に少しでも異常を感じたら悪くなってしまう前に歯医者に行ってみてもらいましょう。

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと, 親知らずの抜歯 |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約