• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2022年11月23日

歯の生え変わりについて


こんにちは 伊藤歯科医院歯科衛生士のイシカワです。

今回は乳歯から永久歯への生え変わりについてお話します。

乳歯は生後6か月ぐらいから生え始め3歳ぐらいですべての乳歯(20本)が生え揃います。

永久歯に生え変わる時期には個人差はありますが、6歳ぐらいにまず下の真ん中の前歯が抜けて永久歯が生えてきます。

そして同じぐらいの時期に一番奥の乳歯の奥側に永久歯が生えてきます。

これが6歳臼歯です。

6歳臼歯は第一大臼歯といい永久歯の中で噛む力が一番強く噛み合わせの基本となる大事な歯です。

乳歯が抜けてその下から生えてくる永久歯と違って第一大臼歯や第二大臼歯は生えてきても気が付かない場合もあります。

気が付かないと生え揃うまで歯ブラシが当たらないので虫歯になりやすくなります。

 

乳歯と永久歯が混在する期間は混合歯列期といい6歳から12歳がその期間にあたります。

生え揃うまでは段差があるので歯垢が溜まりやすく歯ブラシがあたらない部位が多くなります

また生え始めの永久歯は酸に弱く虫歯になりやすいのでより注意が必要です。

二年ぐらいは弱い状態なのでフッ素洗口をするとよいでしょう。

当院ではオラブリスによるフッ素洗口をお勧めしています。

フッ素には

  • 歯質を強化する働きがあり虫歯になりにくい歯を作る
  • 再石灰化を促進して初期虫歯の修復をする
  • 口腔内の虫歯菌の活動を抑制する

このような働きがあります。

フッ素が入った歯磨き剤も多数ありますが

フッ素洗口剤でうがいをすると歯ブラシが届きにくい部分にフッ素が届きます。

また歯磨きをした後はうがいをするのでフッ素が流れてしまいますがフッ素洗口後はうがいをしないので

口腔内にフッ素がとどまって虫歯予防の効果が高くなります。

 

定期的に磨き残しはないか、虫歯になっていいないか検診をしてくださいね。

カテゴリー スタッフブログ |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約