• インターネット予約

Tel 089-974-0204

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

MENU
院長・スタッフがお届けする元気ブログ
2022年12月23日

乳歯の虫歯治療の必要性


こんにちは 伊藤歯科医院歯科衛生士のイシカワです。

 

さて乳歯はいずれ永久歯に生え変わります。

それなら虫歯になっても治療しなくてもいいのでは?

と思われる方もいらっしゃいますが実際はどうなのでしょう。

 

まず乳歯は永久歯と比べてエナメル質や象牙質が薄いため虫歯が進行しやすい傾向にあります。

小さな虫歯と思っていてもすぐに大きな虫歯に進行している場合があります。

 

乳歯が虫歯になるということは口腔内の虫歯菌が常駐しているということです。

治療しないでおくと虫歯菌がどんどん繁殖してしまい後から生えてくる永久歯が虫歯になりやすくなります。

生え始めの永久歯は酸に弱く虫歯になりやすいので注意が必要です。

 

また虫歯が進行して永久歯が生えてくる前に乳歯を抜歯してしまうと奥の歯が前に倒れてきて

永久歯の歯並びが悪くなります。

抜歯するほどの虫歯ではなくても痛みを伴う虫歯の場合は痛みを避けるため

虫歯がない歯でばかり噛んでしまい顎の発育に影響を及ぼしたり

痛みを避けるため偏食になったりよく噛まずに飲み込んだりして栄養が偏る原因になるなど様々な悪影響が起こりやすくなります。

 

このようなことから乳歯も虫歯になれば治療をした方が良いのですが

なるべく虫歯にならないように普段から予防をしておくことをお勧めします。

念入りに歯磨きをするのはもちろんですが虫歯になりやすい歯と歯の間は

フロスなどの補助用具を使うのも良いでしょう。

 

フッ素洗口も歯質の強化になり虫歯予防になります。

当院では「オラブリス」というフッ素洗口剤を扱っています。

興味があるようでしたら使い方などを説明いたしますのでお声をかけてください。

 

もちろん定期健診も大事です。

定期的に診察することで虫歯になっていないか確認するだけでなく

磨けていない部位や磨きにくい部位などを知ることができ虫歯予防になります。

 

カテゴリー スタッフブログ, 歯のこと |

診療時間

 
午前
午後
月~金曜日
9:00~13:00
14:30~19:00
休診日
日・祝祭日
土曜日
9:00~12:00
13:00~16:00

〒790-0044 愛媛県松山市余戸東4丁目1-1

インターネット予約